医学部学士編入試験のブログ☆
医学部編入に関する勉強のこと、夢を追う中で選択してきたこと、選択の前提となったもの等・・・記載しています!
08 | 2013/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦う理由☆
僕が医学部に行くというのは
他者からの承認という欲求を満たすことが
その理由の一つにある。

けど、他者からの承認が医師であることは
アイデンティティーとは何も関係がない。

僕が、どんなにボロボロになっても
僕は僕だと言い張れる、
そこに僕があると思うからだ

それは、小さい頃からの人とのかかわり、部活動や
様々な人間関係の中で育んだものだと思うし
これからも育んでいくものだと思う。

そこには、僕が何度、失敗しても
それでいいんだよと、大丈夫だと
行ってくれる居場所が必須だと思う。

今の僕にはそれが存在する。
だから、僕は医学部に挑戦できる!

最初の頃の医師免許=他者からの承認という動機のうちの一つの
必要性がなくなる。
なぜなら、別に医学部に行かなくても
自分を認めてくれる居場所で、
今日も、明日も、明後日も快適に、楽しく暮らして行けるからだ。

じゃあ、僕はなぜ医学部行くんだ?
なんで、こんなに一生懸命に病院で勤務しながら、医学部の受験勉強をしているんだ?

もちろん、働く中で、作りたい医療、提供したい医療というのものを
漠前ながらイメージしている。だから、それに向けて努力している。
日本の地域が活性化するような医療を。
特に僕が育った、町は過疎化が深刻で、商店街はシャッター化し、
町に活気はなく、お年寄りが非常に多い。僕は家族に、そして地域住民と
様々な交流を通してお世話になった。だから、
そんな地域の中での統合医療を実践し、新しい医療を提供していくことが僕の夢である。
しかし、その夢を実現しなくても、別に僕はこの居場所で幸せに暮らして行けると言える。
逆に夢を追うことで、この居場所を傷つけたり、大切な人と一緒に共有する時間が減少したり
する可能性だって十分にある。

そこで、本質的な問いになる。
僕は明日も、明後日も、毎日をそれなりに楽しく暮らして行ける。
それでも、睡眠時間を削って、馬車馬のように働きながら、受験勉強をして
入学後も過酷な環境に身を置き、夢を追うのにどれほどの意味があるのか?


夢を追うには自分の中に、承認の欲求でもなく、自己実現の要求ではなく、
本当にみんなを相手を幸せにしたいと思うような、内から爆発するような思い
じゃないと、きっとやっていけない。途中で心が骨折してしまう。
内から湧き上がる思い、そして戦って傷ついても帰還できる場所、
この二つが僕の人生には必要だ。

前者は、やってやろうという思いが損得勘定によるものか、本当に美徳的なものなのか
正直よくわからない。

別にどっちだっていいかもしれない。
きっと、もう少し進んだところでわかるかもしれない。







スポンサーサイト


プロフィール

エルネスト☆

Author:エルネスト☆
医療関係の仕事をしながら、
医学部学士編入試験の勉強を行う日々!
また、これからの
自身の生き方を真剣に考えるブログ☆

~紹介文~
誰かに、あるいは何かのシステムに依存し、
寄生している者は卑屈になる。
そこからは、尊厳や自尊心が出てくることはない。

僕は空母を大切にし、
日本の空気にあらがいます。。

余命は近いと思って
毎日を生きたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。